AIを利用したマーケティングというと、すごいことをすると思われるかもしれません。

例えば、チャットボットといって、WEBサイト上で、チャット会話する機能などがあります。

チャットボットの説明についてはこちら

会話している相手は、人工知能です。
最近では、かなりの精度まで対応することが可能になりました。

不動産業界の例

例えば、不動産業界では、いろんな電話がかかってきます。その中の100件に1本が契約になると言われています。

屋根の水漏れや、敷金の相談、さまざまな相談にのっているからこそ、大切な土地の仕入れなどの情報も入ってくることがあります。

しかし、その大半の対応をチャットボットで対応してもらうことにより、本業に専念することが可能です。

つまり、より重要度の高い、土地の売却の相談の質問メールが届いてから対応していくということです。

今までの95%近い業務が省略でき、能力の高い人がより本業に専念することが可能です。

このように、たかがチャットボットと思うかもしれませんが、これも立派な戦略と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です