Author: Connect

営業くんWEBをAngulerで作り直しています。べトナムチームもいい仕事してくれます。今回はじめてSPAに挑戦しましたが、やはり新しい技術には挑戦しておかないと行けないと感じました。 途中経過です。 言葉のコミュニケーションは多少はあるけど、XDがカバーしてくれる。Adobeさんありがとうです。 ...

Read More

新しいメンバーが加入しました。 長年Angular の経験がある?人は24歳で驚きました。2016年にAngular2でたばかりでしょう。長年?その前からか?というツッコミは置いておいて、几帳面な国民性は日本人と近いと感じました。 現在 Firebase + Angular + CloudFireStore + CloudFunction + Node.js で営業くんWEBを作り直しております。 Laravel とVue.js と Firebaseの経験があり、頼もしいです。 ベトナムは若いです。 ベトナムの情報処理学部は、学校によっては大学で実務経験も積めるようです。 英語も話せるようになるし、子供が大学行く時は、ベトナムも候補になりました。 ...

Read More

営業くんのログインはこちらから     こちらが営業くんのログイン画面です。 画面右上に「ログイン」「新規登録」があります。       この説明書は、営業くんを使用する管理者のためのものです。管理者以外の営業マンのアカウントは、管理者が登録、設定する仕組みになっています。   新規登録 画面右上の「新規登録」をクリック。         ご利用規約が表示されますので、確認の上、「規約に同意して登録」をクリックシます。       新規登録画面でお名前、よみがな、E-mailアドレス、パスワードを設定し、「新規登録」ボタンをクリックします。 ※googleアカウントで新規登録することもできます。     確認メールが設定したメールアドレスの受信ボックスに送信されました。             メールボックスを確認し、「アカウントを認証する」リンクを開きます。     これで登録は完了です。ログイン画面に続きます。お疲れ様でした。 ログイン         画面右上の「ログイン」を押すと、ログイン画面が表示されます。             e-mail  と パスワードを入力して、「ログイン」をクリックします。 ※googleアカウントで新規登録することもできます。       ログインできました。  ...

Read More

営業くんWEB版リリースしました。 こちらからご利用できます。 完全無料化です。 営業くんの想定している営業としては、住宅販売のローラー営業などです。 どこをどれだけ回ったのか、ピンの位置ですぐにエリアがわかります。 不動産業者の新築工事進捗管理などです。 内装、電気、大工、すべての関係者を招待して共同で業務の進捗を管理できます。 営業くんを会社の業務管理にお役立てください。...

Read More

              このようにファイルがいっぱいになってしまうことがあります。                 ファイルappを開きます。                 「このアイフォン内」をタップします。                   測量くんのフォルダーをタップします。               消したいファイルを左にスライドし、「削除」をタップします。...

Read More

質問がある方は、フェイスブックページにてお答えしております。 測量くん2の利用方法です。 このページでは測量くん2の基本的な説明をしていきます。 1.SIMAデータの入力 まず、iPhone,iPadの、メールにSIMデータを添付して送ります。 SIMデータのままで大丈夫です。 メールから添付された、SIMデータをクリックして そこからこのボタンを押します。 そこから、ファイルに保存を選択します。   そうすると今度は、営業くんから、ファイルを開けます。 1「データ」をタップします。 2新規をタップします 次に‥ 1.ファイル名を入力します 2.備考をあれば入れておきます 3.「SIMAデータ」をタップして‥ 4.任意のファイルを選択します。ここが先程メールから保存した場所を選択します。 4.完了をタップします 名前が入力したファイルの名前に変わっていることを確認してください。 2.計算 測量くん2では測量に使われるいくつかの計算ができます。この記事では「二点間距離」を計算してみます。 1.データの名前が任意のデータであることを確認にした上‥ 2.「現場測量」をタップします ここの二点間の直線上にある一点からの距離を決めて点を作ってみましょう 「計算」をタップします 二点間距離をタップします。 他にもいろいろな計算が用意されています。 点A,Bをタップして選択します タップするとこのように地図上の点が全部出てくるので任意の点を選択し、「選択}をタップします。 距離を入力し、「実行」をタップします。 無事計算が終わり、プロットが表示されました。 (v(≧∇≦)v イェェ~イ♪)が表示されることはありませんのでご安心ください。 名前をつけて、「完了」をタップします。 質問がある方は、フェイスブックページににて回答しております。 こちから質問していただけますか?よろしくおねがいします ...

Read More

[vc_row][vc_column][vc_column_text]やりたいこと w3-quarterクラスを指定したdivタグの中に、取得したAPIを表示させる. 新しいdviを作成 var newDiv = document.createElement('div'); クラス名を指定。ここが無くて結構考えた. 当初、addClassを使っていたのが間違い。 当然ながら,JavaScriptにjQueryメソッドを利用しない。   newDiv.className = 'w3-quarter'; //取得したAPIを詰め込む var content = "" content += "<h3>" + data.items[i].volumeInfo.title + "</h3>"; content += "<h5>" + data.items[i].volumeInfo.authors + "</h5>"; content += "<h5>" + data.items[i].volumeInfo.publishedDate + "</h5>"; content += "<p>" + data.items[i].volumeInfo.description + "</p>"; content += "<img src='" + data.items[i].volumeInfo.imageLinks.smallThumbnail + "'>"; contentをinnerHTMLメソッドにより追加 newDiv.innerHTML = content; // htmlのDOM に新しく作られた要素とその内容を追加します var currentDiv = document.getElementById("results"); 現在のdivにappendChildすることにより、子要素になり、追加できる。 currentDiv.appendChild(newDiv);   参考サイト https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/API/Document/createElement これが違っていたので、手こずりました。 ここでインスタンス生成すると、親要素は追加できないとエラー! 現在要素を取得して追加する事! // var newContent = document.createTextNode(content); // newDiv.appendChild(newContent);   [/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]...

Read More

大変遅くなりました。 iOS版、バグの修正に取り掛かります。 来週2019年7月21までにはアップルに申請します。 ご確認ください。 このアプリケーションはセールスマンにとって必要です。 顧客の場所、日付、訪問時間、 とその分布。 2週間の更新がない場合、ピンは地図上で赤く点灯します。 マップからの登録画面です。 顧客を登録することができます、アドレスから入力することができます。 このアプリからも電話することができます。 これはMAPからの登録画面です。 現在の場所や住所などを登録することができます。 住所からの入力も利用可能です。 それは、コンタクトの履歴です。 一目で過去の訪問履歴を確認できます。 これが一番大切です。 知り合いと、親友の違いは、まず会っている回数が圧倒的に違います。...

Read More

              コネクトアプリケーションより新しいアプリ「サワディー辞書」がリリースされました。 シンプルなスタイルと使いやすさを意識した、辞書アプリです。 意味だけでなくローマ字読みにも対応。   さらに「サワディー辞書」では、他の辞書にはないであろう(未確認)カテゴリ別の分類を実現、これによって動詞、形容詞など的をしぼって検索することができます。   このアプリには単語帳がついています。覚えたい単語、気になる単語があったらどしどし追加してみましょう。追加した単語は単語帳でクイズ形式で見ることができます。これであなたのタイ語力も格段に向上するでしょう。     ...

Read More

やりたいこと。 上下に並んだTableViewサイズを動的に変更する。 1-1 まずStackViewにそれぞれの要素を入れる。横向きの制約はつける。一番上は高さの制約をつける。 ここがポイント。要素の一つのサイズが変わったときに、StackViewが自動で再計算してくれる。 1-2 Pan Gestureは、viewにしか設定できないので、間にviewを配置する。 これでイベントをget 2-1 一番上の高さの制約を紐付ける。StoryBoardのconstraintsもひも付け可能。        //真ん中に挟んでいるView だよ。 @IBOutlet weak var uiView: UIView!         //そこにはpangesutreを配置しようね @IBOutlet var pan: UIPanGestureRecognizer! //上のテーブルです @IBOutlet weak var upTable: UITableView! //上のテーブルの高さの制約を引っ張ってきてます。storyboardでグクっっと引っ張ってくるあれね,,, @IBOutlet weak var upTable_height: NSLayoutConstraint! override func viewDidLoad() { super.viewDidLoad() ...

Read More