理由:役員が企画するため

こんにちは、トクハラです。

今日は、日本が欧米,中国にくらべてITの分野に弱い理由について、自分なりの考え方をまとめてみたいと思います。

私の知り合いのコンサルタントの方は、大手企業の役員のコンサルタントをしています。

どうすれば新規事業の画期的なアイデアが生まれる方法か?

顧客のニーズをどのように洗い出すか

などの手法について研修をしています。

問題だなと感じたのは、大手企業の役員ですから、ほとんどが50歳前後の人たちです。

どうしてこうなっているかというと、若手は現場で仕事。

会社の経営方針や、新規事業を決めるのは、経営陣の仕事

と昔からの日本の決まり事なのです。また年功序列のため、20代が大手企業の役員になることはまずありません。

これが、良くないと思うのです。

50歳でどんなに頭のいい人が頑張っても、20代の若者の発想力にはかなわない。

先日2020/9月 藤井聡太棋聖(18)が 木村一基王位(47)に勝ち、4連勝で王位になったのがニュースになりました。

参照:日本将棋連盟

若いからすごいと言われているようですが、私は、木村棋士が、可愛そうで仕方ありませんでした。47歳がどうやっても18歳に勝負して勝てるわけないのに、、、

これを弱いものいじめと言わずして何というのでしょうか?

プログラミングの世界では、地頭の良さが必要です。

そして、悲しいかなどんなに秀才でも、年齢とともに衰えます。

今までの、自動車産業のように、人のまとめ役としてなら、50歳過ぎても、その経験値で十分に働く場所はあったのです。

でも、ITがすべての産業において、主軸になりつつある今、その世の中の仕組に会社の仕組みが、ついていけていない日本が、ITの分野で遅れているのは当然なのでは無いでしょうか?

若い人に、チャンスを与えるというのはITの世界ではとても大切です。

ビル・ゲイツは高校生でもうプログラミングで稼いでいました。ザッカーバーグしかり、みな若手(20代)が面白いと思ったことに挑戦してきた結果では無いでしょうか?

日本では、松本さん(2ちゃんねる)、堀江さん(Line、ライブドアのゴタゴタで韓国企業に買収されましたが)みな、20代で作ってきました。

そして、若い人に、チャンスと権限を与えない限り、日本のITは弱いままです。

でも、うちには若い人はいない。

いても教える人がいない。

と考えているなら、弊社のIT内製化支援サービスを検討ください。