ITの知識がほんの少しだけ優れているだけで、成果は10倍にもなります。

例えば、コロナでいま予約が多い、PCR検査の場合を見てみましょう。

こちらの病院ではPCR検査を受けるまでの動線がよくありませんでした。

予約フォームを見てみましたが、会員登録をしないと予約すら確認できない状態でした。

仮にユーザー登録をして、送られてきたメールから、ログインして、PCR検査がいっぱいで予約できなかったらどうでしょうか?

その時点で、ユーザーは申し込まないものです。

このサイトの、下記ページを見る限り、PCR検査の数もこなせていないようですね。

成功事例:大森町内科小児科クリニックの例

こちらのクリニックは、PCR検査、200-300人もの大勢の検査ができるようです。すごいですね。

PCR検査、いいところだったのでリンク掲載しておきます。

なにがすごいのでしょうか?

Lineで予約できるのです。

私も利用してみましたが、これは便利!

必要事項をタップするだけで予約できます。

もし1日200人のPCR検査を受注できるとすると、売上は約800万/日になります。

仮に、200人の検査希望者をLineアプリを利用せず、メール対応すると、どれだけの従業員が必要でしょうか?

スタッフ5人は必要では無いでしょうか?

人件費は、概算でこうなります。

5人☓20日☓1万円(日当)= 100万円/月額

必要になります。

仮に、Lineアプリ作るのに200万かけても十分に採算にあいます。

ドラッカーの言葉 機会(Chance)をとらえる

上記2つの例は、如実に物語っています。

1つは泌尿器科、1つは小児科

小児科のほうが優れていたから、PCR検査をたくさん受託できたのでしょうか?

違いますね。

ちょっとしたITの知識があるだけでいいのです。

よし、それなら我が病院もラインアプリつくろう!

といっても、遅いかもしれません。

治療薬ができたらどうでしょうか?おそらく検査数は激減すると思います。

この半年の間に、対応する必要があるのです。

でも忙しい。そんなこと気づかないよ!

と病院の先生は言われるかもしれませんね。

私達がお手伝いします。

なぜコネクトが必要か?

素人が見積もりを取ると、ぼったくられます。

受託開発の価格は、知識があるほど、値切ることが可能になります。

また、ネットで安い!といって出してみたら、結局できなかった。という話はよく聞きます。それは、知識がないのに、値切っていたからです。

またSES(派遣でプログラマー送ってもらうこと)で800万かけたけど、結局できなくて、きちんとした業者を探して作ってもらった。そこで840万かかった。始めからいいところに出しておけばよかった。

というのはよく聞くはなしです。

私達は、御社の社員を教育します。

私達は、御社の社員を教育します。

IT内製化支援サービスを御覧ください。