理由:利益を最優先するからです。

どうして利益を優先したらいけないのでしょうか?

私の知人が新人研修の仕事をしていて、そこで大手の商社の研修もあるのですが、そこでは、ラズベリーパイや、アルディーノとPython を使って、新しい製品を作ります。

そこでいつも言われるのは、お前たちはプロだ!

必ず、なにかしら、利益を上げるものをつくれ!

ということを口を酸っぱくして、何度も言われるそうです。

雨傘にセンサーをつけて、デパートなどで、貸した傘がきちんと帰ってくるサービス。

そこでも30円とか100円とかせこい金を稼ぐ、企画書を書かされます。

骨の髄まで、プロとは利益を上げるもの。

一流とは、利益を上げるもの。

と叩き込まれます。

実はこれが間違っています

FaceBookは最初から利益が上がっていたか?

今年度は6600億円の売上を上げたようですね。コロナどこ吹く風で、順調です。

日経新聞:Facebookが19%増益、売上高は過去最高 広告堅調で

でも、失礼かもしれませんが、ザッカーバーグも認めていますが、技術的には実はあまり大したことはやっていません

Facebookでないとできない技術というのは、あまりありません。

このように、ゲーム配信していますが、同じものなら、YouTubeや他のサービスでも可能です。

Facebookの何が優れているのでしょうか?

それは、利益が出ないうちに、Userが喜ぶものを提供してきた。

この一言につきます。

ザッカーバーグがFacebookを始めた時、ハーバード大学で絶大な人気を誇っていました。他の大学でも、早く利用できるようにしてほしいという要望がありましたが、利益がないのですぐに対応できませんでした。

かれは、自分でPC買って、WEBサーバーインストールして、DBインストールして、全部自分たちでやっていたのです。

そうして少しづつ、Facebookを利用できる大学を増やしていきました。

当時、ソニーも同じことやろうと思えばできたでしょう。

でもどうでしょうか?

仮に企画書を、上層部にあげても、

そんな利益にならないことやってどうする?

若手でやりたい人がいても、上司に怒られたと思います。

これが全てです。

例えば、今、Sonyが同じようなSonybook作るとします。

だれが、いまさらフェイスブックから乗り換えるでしょうか?

そんなこと、おじさん役員(時々おじいさん役員)でもわかります。

だから、参入しませんね。

今日は、日本のITが世界から遅れている理由の1つ

利益を最優先するから

ということにいて考えました。

次回は別の理由、役員が企画するということについて触れたいと思います。