公式サイトから

この箇所をindex.htmlにペーストします。

CDNから読み込みます。

id=”app”がVue.jsが埋め込まれる場所になります。

<html lang="ja">
  <head>
    <meta charset="UTF-8" />
    <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0" />
    <title>Document</title>
    <script src="https://cdn.jsdelivr.net/npm/vue/dist/vue.js"></script>
  </head>
  <body>
    <div id="app">
      <!-- id="app"のタグ ここがVue.jsになります -->
    </div>

//自分用のjs
    <script src="app.js"></script>
  </body>
</html>

これが表示用のhtmlになります。

app.jsファイルを作りましょう。

次回から、そのファイルにVue.jsを記載していきます。