後方交会法とは?


トラバーなどの多角点がないときに、位置のわかっている2点に方向角を測り、トランシットの位置を求める方法です。

特に後方交会法は、測量現場でよく利用すると思います。

既知の点が2点残っていると利用できます。
でも、その既知の点は、正確なのでしょうか?
不安ですね。

測量くん2では、誤差も計算されます。

既知の2点が、動いていないか?
どの程度の信頼性があるか?
チェックできます。
左側にある既知点を最初に計測してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です