営業くん2

2020.1/14、GoogleMAPを開けるように、バージョンアップしました。

目的地への道順も確認できて便利です。

マップと連動することで連絡先や訪問先をひと目で管理することができるツールです。また、会話の内容やちょとしたメモを記録することもできます。

営業くん-位置情報の利用を許可する

アプリ詳細

TOP画面です

iPhoneに登録されている電話帳から、住所や名前を読み込むことが可能です。

お客様情報画面です。

ここでは、クライアントの基礎情報を入力しておきます。
名前や、生年月日や家族構成、住所等です。
住所は、MAPより確認できます。
またMAP画面よりGoogleMAPを開けますので、クライアントまでの道順や、移動時間をGoogleMAPから計算できます。

GoogleMAPにて道順を確認する

MAP画面を開きます。

目的地のピンを選択して、MAPアイコンを押します。

GoogleMAPが開きます。

あとは、GoogleMAPを利用して、目的地への道順を確認してください。

一覧表示画面です

クライアントの一覧から、分類、名前などから検索して情報を絞ることが可能です。
ピンが赤色になっているものは、2週間以上コンタクトをとっていないクライアントです。
2週間という期間はカスタマイズ可能です。
マップ上で、ピンが赤色に変わります。

現在地登録画面へ

住所がわからないときは、お客様の家の前で、地点の登録ができます。

分類の新規追加、編集

分類についてですが、分類のマスをタップした後、編集というボタンを押せば、分類の追加、編集ができます

+マークで追加、iマークで編集できます

新しい分類名を自由につけます


分類をつけておくと、契約前なのか、または購入後なのか、すぐに分かります。
重要度が異なりますので、大切ですね。

またこのアプリは、コンタクトの履歴も見ることができ、話した内容などを確認することもできますので、営業活動の精度が高まります。カンや度胸の営業は卒業です。

iPad版(旧バージョンの画像です

操作性が大変良くなりました。

画面が広くなり、訪問先データも地図もひと目でわかるようになりました。

会話履歴は左側にリスト、右側にその内容を表示するようにし、会話記録を参照しやすくしました。

 

2 Thoughts on “営業くん2”

  • 客先を新規登録し住所を入力しても、その位置にピンを表示することができません。住所入力して 右側の表示ボタンを押すと、下の地図に一旦表示されるが、MAP画面に移動すると現在地が表示されてしまいます。どうすれば良いのでしょうか?

    • 稲垣さま
      ご迷惑をおかけしております。
      上記の件、修正してAppleに申請しております。
      1週間程度待っていただけますか?
      バージョンupをしていただけたらと思います。
      ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。

コメントは受け付けていません。