wordpress多言語化 マルチサイトの手順

以前、多言語プラグインを利用して、あちこちおかしくなり、手がつけられなくなったので、デフォルトのワードプレスの機能(マルチサイト)をりようして作ることをおすすめします。
マルチサイトとは
1つのワードプレスにサブドメインを振って、あたかも多くのワードプレスがインストールされているかのように振る舞う。
ポイントは サブドメインを同じフォルダを指定するところ

あとは普通に指示通りに設定
本家サイト

http://wpdocs.osdn.jp/%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AF%E3%83%BC%E3

%82%AF%E3%81%AE%E4%BD%9C%E6%88%90

まずロリポップにて、サブドメインの設定から

ドメインの前に、接頭語をつける。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はポルトガル語と英語を追加

サブドメインを作って、同時にフォルダも指定。

各サブドメインは同じ場所を参照するようにしないといけない。

でないと、たくさんワードプレスをインストールしないといけない。

ちなみに海外からだとSSHを設定しておかないとうまくつながらなかったのでSSHも設定。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本語サイトのアップロードフォルダを指定 jp

 

 

 

 

 

英語のサイトも、サブドメインも同じフォルダjpを参照
サブドメインははじめにenがついています。

 プラグインが動いているとエラーになることがあるので、すべてのプラグインを向こうにしておく。

有効化というものが、表示されていると言うことは、現在は無効になっていると言うこと。

これで良い。

 

wp-config.phpに

define( 'WP_ALLOW_MULTISITE', true );

を追加する。

ロリポップでファイルをブラウザから見るには。

ロリポップFTPから

 

 

 

 

 

wp-config.phpを選択

 

 

 

 

 

 

 

 

属性を700にする。あとから戻しておくこと

 

 

 

 

 

 

/* 編集が必要なのはここまでです ! WordPress でブログをお楽しみください。 */

の上に下記を追加。マルチサイト許可を与える。

 

 

 

 

 

 

これを記載して、ダッシュボードに戻るとネットワーク設定が追加されている

なっていない場合はリロードする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで大切なのが、

サイトネットワーク内のサイトアドレスをサブドメイン型にしておく。

ロリポップはサブドメイン型しか選択できない。

あらかじめ、サブドメインを作成しておくこと。

ここ間違えると最初からやり直しです。

 

 

 

 

同じ画面にてインストールボタンを押す

 

次のような画面が表示される。

そしてネットワーク設定を押してインストールを行う。ネットワークタイトルとE-mailを設定して次に進む
どのように設定したらいいかワードプレスが教えてくれます。親切ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず1をコピペして先程のwp-config.php ファイルの上に追加

 

 

 

 

 

 

 

2-.htaccessに追加する。

これもダッシュボードで指示がある。
アクセスの権限、制限をするファイル。

ここは先程と違い、全て削除して、ワードプレスからコピペ

その後、ワードプレスから、一度ログアウトする。

そして、再度ログインする。

 

 

 

 

再度ログインし、ダッシュボード画面上部の参加サイト(My Sites)>サイトネットワーク管理者 (Network Admin)>サイト (Sites)を選択して、サイトの管理画面に移動する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きちんと設定するとyamanba (日本語)
yamanba-en(英語版)できてますね。
しかしすごい名前ですな。

###注意点は、マルチサイトにすると、プラグインが対応していないことが多い。
####プラグインをインストールする際には、必ずマルチサイトに対応しているか確認すること!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です